Hitotsubashi Univ. Track&Field Club

主将挨拶



新入生の皆さま、ご入学おめでとうございます。一橋大学陸上競技部主将の白川大翔と申します。

 まずは、受験生としてのここまでの生活、本当にお疲れ様でした。コロナ禍での受験は例年よりもストレスフルなものだったことでしょう。この時代に受験を乗り越えた皆さんはきっと人として強いのだと思います。これからは、ペンを置き、参考書を置いたら、学生の本分を少し脇に置いて、大学生活に夢を膨らませてみましょう。

 思い返すと新型コロナウイルス感染症が全世界的に拡大したのは約2年前のことでした。現役生であれば高校二年生になろうかという頃ですね。世間的にいわれる「青春」という言葉は高校時代を指すようなきらいがあります。

 人生でたった一回の青春は既に幕を下ろした。そんな風に考えている人もいるのではないでしょうか。

 そんなことはありません。この部活には取りこぼした青春を取り戻す環境と人間が揃っています。勝って喜び、負けて涙し、忘れられない大学生活を作るには十分すぎる場所です。

 全員が死力を尽くす対校戦、関東インカレ・全日本インカレを本気で狙う選手たち、研鑽を怠らぬマネージャー、熱視線を送ってくれ、多大なるご支援をくださるOB・OG、どんな種目でも、どんなトレーニングでもできる練習設備。

 経験者も未経験者も、全国クラスの選手から初心者まで、様々なバックグラウンドを持った者たちがこの部活にはいますが、陸上競技は個人競技であるようで、団体競技でもあるような、一人一人がドラマを見せてくれます。

 決して新歓のために用意した美名と飾りだけの薄い言葉を語ったのではなく、これまで部員として、主将として経験したことを本音で語ったものでしかありません。騙されたと思ってグラウンドに一度足を運んでみてください。騙されたと思って入部してみてください。

年中無休で我々はあなた達を待っています。

 一橋大学大学陸上競技部主将 白川大翔


女子主将より


こんにちは!陸上競技部の女子主将を務めさせていただいている中島千尋です。陸上競技部のホームページへようこそ〜!!

 私たちは、一橋大学の構内にある全天候グラウンドで活動しています!8レーンの400mトラックで練習できることは、他大学と比べても非常に恵まれており、高みを目指す部員が全力を注ぎ込むことができる環境が整っています。コロナウイルスが蔓延し、部員が集まって練習できない時期もありましたが、各自が自分の取り組むべき課題を見つけ、できるだけ部員の間で共有し、練習を継続してきました。 私は、今までこの部活で陸上競技に取り組んできて、1番の良さであり、強みであるのは、部員間の仲の良さであると感じています。全力で練習していたり、動画を見て自分の走りを確認していたり、向上するために頑張る仲間がここにはいます。練習は全力で取り組み、終われば、些細なことで笑い合い、盛り上がることができる仲間がいます。とても楽しい時間を過ごすことができます。

 新しい環境で何かに取り組むときには、不安なことや心配なことがたくさんあると思います。ぜひ、グラウンドに足を運んでいただき、部員から話を聞いてみてください。陸上競技部部員一同、みなさんの入部を心からお待ちしております!

 女子主将 中島千尋


練習時間


・全体練習 :(水)15:30〜・(土)10:00~
・パート練習:(月・金)15:30~

全体練習日は部員全員が必ず出席します。パート練習はパートで集まります。その他の日は基本的にフリーですが、やる気のある人は各自グランドにきて練習しています。



活動場所

一橋大学西キャンパス陸上競技場
(下の地図を参考にして下さい)



練習環境



2014年4月に全天候化(タータン化)が完了し第4種公認陸上競技場となりました。普段の練習でも使用しますし、ここで公式の試合を開催することもできます。 トラックは陸上部の部室を出てすぐのところにあるため非常に使い勝手が良く、部の活動日以外でも陸上部員ならいつでも使用することができます。

新しく作られたばかりのタータントラックは走り心地抜群ですので、ぜひ一度西キャンパスの競技場までお越し下さい。


パート紹介(各パートのHPにジャンプします)


  • 短距離パート

  • 中距離パート

  • 長距離パート

  • フィールドパート

  • マネージャーパート


  • Q&Aコーナー!


    Q. 部員の競技レベルはどのくらいですか?

    A. 大学から競技を始めた初心者から日本選手権に出場する選手まで、選手のレベルは様々です。みな、自分なりの目標を持って練習に励んでいます!

    Q.陸上未経験者なので、大学から始めて上手くやっていけるか不安です。。

    A.初心者でも全く心配いりません。この部には未経験者だった部員が多数います。具体的には、元バスケ部(短距離)、元サッカー部(中距離)、テニス部(長距離)、元野球部(投擲)、元体操部(跳躍)、元バレー部、元文化部などの部員が現在います。

    Q. そもそも自分の適正種目がわかりませんが、それでも大丈夫でしょうか?

    A. 大学内にある全天候型トラックで、ほとんど全ての陸上競技の種目に挑戦することができるので、その中で自分が適正のある種目、やりたい種目を自由に探すことができます。

    Q. 練習の見学はできますか?

    A. できます。直接グラウンドに来て部員に声をかけていただいても良いですし、新歓担当まで連絡をしてもらえれば競技場まで案内します。

    Q. 勉強との両立はできますか?

    A. 大丈夫です。練習日は週4日ですし、一回の練習にかかる時間も2~3時間ほどです。授業や実習と重なった場合はそちらを優先できます。もちろん、留学することも可能です。
    学業の成績が優秀な部員も多く、最近では短距離種目の一橋記録をもつ部員が海外留学交換生に選ばれました。過去には卒業式で総代答辞を読んだOB(跳躍種目の一橋記録保持者)や、学・競ともに優れた選手に送られる関東学生陸上競技連盟賞を受賞したOB(長距離種目の一橋記録保持者)もいます。

    Q. アルバイトや他のサークル活動をすることはできますか?

    A.練習や試合の時間に被らなければすることができます。多くの部員がアルバイトをしており、他の団体にも所属している者も何人かいます。

    Q.部活動を続けながら、ちゃんと就職・進学もできますか?

    A. 問題ありません。陸上部の歴代の先輩方は、4年間存分に競技に打ち込んだ後で、様々な分野に進まれています。大学時代一生懸命部活動に励んだことは、就職活動や院試などにおいても非常に役に立っているようです。

    Q. オフはありますか?

    A. あります。夏と春に約2週間のオフが1回ずつあり、年末年始も休みとなっています。
    詳しくはこちらのスケジュールをご覧ください。

    Q. 年間で費用はどのくらいかかりますか?

    A. 部費は年間8000円です。他の主な費用は、年に2~3回の遠征費、合宿費、1年生は他にジャージ・ユニフォーム代・ウィンブレ代ですが、OBOG会から多額の補助を受けられます。(個人の靴類以外の用器具も全額補助)

    Q.一橋大学陸上競技部の歴史、OBOGはどんな感じですか?

    A.2023年に創部100周年を迎えます。一橋大学の中でも極めて歴史ある運動部で、現在500名以上のOB・OGがおり物心両面で学生部員を支援しています。キャンパスの全天候トラックはOB会からの出費にによって整備されました。OB・OGを招いての競技会や卒業記念祝賀会などでOB・OGの皆様と交流する機会があります。また、対校戦には多くのOB・OGが応援に駆けつけてくださいます。

    SNS

    TwitterやFacebookにも一橋大学陸上競技部の情報を掲載しています。
    また、部員ブログにて陸上部の日常を知ることができるのでこちらも合わせてご覧ください。

    (見たいページのロゴマークをクリックしてください)




    お問い合わせ

    練習の見学を希望する方や、何か疑問点のある方はお気軽にお問い合わせください。

    西尾元(長距離3年)


    HOME